一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

方南白骨です。

ん〜、言っていることが分からないでは無い。

でも、絵本ってよくても小学校の低学年くらいだからな〜。

2000円って、親が払うと思うんだけど・・・

まあ、親に向かって2000円を払ってくださいとはいいにくいもんな、気持ちは分かる。

<方南白骨.com>

 

キンコン西野、2000円の自身絵本を無料公開「子供にも届けたい」

 絵本作家でお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が19日、ブログを更新し、自身が描いた絵本「えんとつ町のプペル」を無料でネットで見られるようにしたことを発表した。

 西野が手がけた絵本「えんとつ町のプペル」は23万部を突破する大ヒットとなっているが、1部の定価は2000円。これに小学生から「高い。自分では買えない」という意見が届いたことを明かした。

 西野は2000円という価格設定について「色を綺麗に出す為に特殊なインクを使っていて、使用するインクの数も一般的な作品より多く、そしてページ数も多いので、2000円という値段設定はギリギリまで頑張ったのですが、それでも2000円」と、どうしても2000円以下には出来なかった事情を説明。

 ただ、小学生にとって2000円が大金であることも認め「自分の意思で買うことは難しいです」と、小さな子が気軽に手にとれないことが気にかかっていたという。「自分は『えんとつ町のプペル』を子供にも届けたいのに、たった『お金』という理由で受け取りたくても受け取れない子がいる」ことに、「はたして全てのモノが『お金』を介さないといけないのでしょうか?」と疑問を提示。

 「お金を介さずとも、昔の田舎の集落のように、物々交換や信用交換で回るものがあってもおかしくないんじゃないか」という思いから、「今日をもって『えんとつ町のプペル』を無料にします」と宣言した。

 もちろん販売は続けるが「無料で読みたい人は、インターネットで最後のページまで無料で見られるようにします」と専用サイトで全ページをアップ。

 西野は印税で生活していることを挙げ「無料にしてしまうと、食いっぱぐれてしまうのではないか」という不安もあったとしたが、「『10万部売れるコト』よりも、『1億人が知っているコト』の方が遥かに価値があると考えます」と持論を展開。コメントを送った小学生に「もう大丈夫だ!2000円なんて必要ないぞ!」「そしてキミがキミのタイミングで誰かに恩を贈ればいい」と呼びかけていた。
 

(デイリースポーツ)
<方南白骨.com>